ねんざ?骨折?犬が足を引きずっている原因と対処方法!

「先生、うちの子の足がおかしいの!」
とてもよく聞くセリフです。おかしいといってもいろいろあります。よく観察すると、犬が少しだけ特定の足をかばっていたり、完全に持ち上げてブラブラさせていたりすることもあります。専門用語では「破行(はこう)」といい、先天疾患、ケガ、関節炎などで正常な動きができない状態です。よくある原因の1つに趾間炎があります。

犬のねんざ・骨折

活発な犬は、室内外を問わずよく動き回ります。ちょっとした障害物でつまずいてケガをしたものから、派手な例では階段ですべってなだれのように落ちてきてケガをした犬もいます。飼い主がケガをした瞬間を目撃していれば、ケガの程度もある程度わかるのですが、多くの場合はいつの間にか術めているので、触診で部位にあたりをつけ、骨折の有無をレントケンで確認します。

犬はケガをしている部分を触られると、たいていは嫌がるか怒るかします。しかし、がまん強い犬の場合、ねんざ程度だと触っても反応しないことがあり、なかには院内でほとんどふつうに歩いてみせ、必死に無傷を装う犬もいます。
敵に弱点を見せないという野生の本能が発揮されるのか、警戒心の強い犬ほど症状を隠そうとします。

そのような犬の場合は、家をでて病院にくるまでの様子を飼い主によく観察してもらう必要があります。言葉で説明しにくい場合は、ケータイやデジカメなどの動画撮影機能を利用しておくとよいでしょう。

ひざのじん帯が伸びて、ひざのお皿がずれる「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだきゅう)」、ひざ関節の接合面のじん幣が損傷する「十字靭帯断裂」、「半月板損傷」などになると、手術による整復の必要があります。不自然に痛みが継続するようであれば、くわしく調べてもらいましょう。

しかし、手術は万能ではありません。ときに破行が残ったり、あとになってから手術部位を再度州めたりする可能性もあります。
骨折している犬の場合はさすがに痛みをがまんできないようで、ほぼすべての犬が痛みを訴えます。一般的には、かばい方が大げさな場合ほど痛みが大きいと考えられるので、早めに来院してください。中途半端に放置すると、治りも悪くなります。

関節の脱臼は、場合にもよりますが温存するケースと手術するケースがあります。最近ではペットにも人工関節の施術が試されているようで、飼い主が望めば大学病院や関節整形のエキスパートの先生に判断を仰ぐのも手でしょう。

怪我をしているのにやせ我慢をする犬もいる
緊張と警戒によって、犬が症状を隠してしまうときがあります。

椎間板ヘルニアによる神経の異常

筋肉や骨格が健在でも、それを制御する神経に問題があれば、歩き方に特徴的な異常が見られます。脳や末梢神経のトラブルはごくまれで、実際は椎間板ヘルニアに起因する脊髄の障害がほとんどです。

人のヘルニアでも、指先がしびれたり、重度の例では下半身が麻陣したりするように、背骨のどのあたりにどの程度の障害があるかで症状が変わります。なお、胸椎と腰椎の境あたりが異常の起こりやすい部位です。

具体的な症状は、後ろ足の「ナックリング」や、突っ張り気味の足でギクシャクと歩くロボットふう、もしくは千鳥足での歩行、座ったときに後ろ足を前方に伸ばして投げだすなどです。軽度で初期なら、患部を温めたり、投薬したりすることによって炎症を鎮められますが、重度になると手術が必要になることがあります。

ナックリングとは
パッド(肉球)で接地せずに、手足の甲の部分が地面に着いてしまう状態のことです。本来はなにかにあたると 反射的にパッドで接地しようとするので、神経の異常が疑われます。

大きな段差を降りると、衝撃が背骨にかかって悪化しやすいので要注意です。どんな治療法を用いても再発の可能性は大きいので、運動の制限はずっと意識しなくてはいけません。

腫瘍

いちばん考えたくない可能性です。犬が異常を訴えた段階で、おそらくそれなりに病変は進行しています。腫瘍性の細胞が見つかった場合、足を切断することもありますが、すでに体幹部へ転移している場合は、手術せずに支持治療だけのことも多いです。

なお、人は二足歩行するため、足を1本失うことは大きな行動の制約になりますが、ペットは4本で歩くため、足が1本なくてもそれなりに動き回ります。しかし、その姿を見ている飼い主の精神的な苦痛がかなり大きいので、足の切断をどうしても選択できないことがあります。

関節というのは手術の難易度が高く、感染にも弱い部位であるため、へたにおおがかりにいじって失敗するよりは、ギプスでの固定や消炎剤の投与でしのぐ古典的な手法のほうが、結果として「本人」のためであることもあります。

多少の破行やアンバランスが残ったとしても、それが犬自身に持続的に痛みを与えるものでなければそれもよし、というわけです。
このあたりは獣医によって意見が分かれるところなので、治療方針を決定するときに担当の獣医とよく話し合うことをおすすめします。