【スーパーゴールドチキンプラスの評判と評価】添加物も自然由来で安心

国内大手メーカーの作るプレミアムフードとして人気の高い「スーパーゴールド」シリーズ。プレミアムドッグフードは海外製の製品が多いですが、聞いたことのない名前のドッグフードも多く、愛犬に与えても大丈夫なのか不安な飼い主さんにとって、国内メーカーの製品というのは安心できますよね。

ただ、このドッグフードの原産国はアメリカで、国内製造ではありません。アメリカも日本よりも安全にこだわったドッグフードを作っていますので、安心安全という面では心配いりませんが、国内で作っているわけではないということは認識しておきましょう。

ここでご紹介するスーパーゴールドチキンプラスは、「スーパーゴールド」シリーズの中でも一番人気のあったスーパーゴールドNEOの「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重調整用」の後継品として2016年9月から発売が始まりました。

最大の特徴は、乳酸菌とラクトフェリン・フラクトオリゴ糖配合による相乗効果で腸内フローラのバランスを整え、腸内環境改善できるという点にあります。販売元の森乳サンワールドは森永乳業グループですので、乳業のメーカーならでは視点で、愛犬の健康を守ることができます。

スーパーゴールドシリーズには、いくつもの種類のドッグフードがありますが、スーパーゴールドチキンプラスは「鶏」を主原料とした汎用タイプのドッグフードです。

商品名スーパーゴールドチキンプラス
商品評価Bランク
評価の基準はこちらで説明しています。
販売価格800g/1,034円
2.4kg/2,922円
7.5kg/5,480円
※価格はAmazon参照
100gあたり
原産国アメリカ
原材料チキン
グレインフリー×
人工添加物
ヒューマングレード×

スーパーゴールドの成分と原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

スーパーゴールドチキンプラス/腸内フローラバランスサポートフードの原材料は下記の通りです。
スーパーゴールドチキンプラスの原材料

鶏、コーンオートミール、鶏脂肪、チキンダイジェスト、コーングルテンミール、魚肉、トマトポマス、乾燥ビートパルプ、亜麻仁、乾燥卵、乾燥イースト、食塩、チコリー(フラクトオリゴ糖)、乳酸菌、ラクトフェリン、レシチン、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、イノシトール、コンドロイチン硫酸、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、C、D、E、K、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B12、B1、B6、葉酸、ビオチン、塩化コリン)、ミネラル類(Ca、Zn、Fe、Mn、K、Cu、I、Se、Co)、酸化防止剤(トコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)
タンパク質25.0%以上脂質16.0%以上
粗繊維4.5%以下灰分8.0%以下
水分10.0%以下カロリー360kcal/100g

上記の通り、第一主原料は「鶏」です。

「肉」や「副産物」という部位の指定がありませんので、鶏そのものすべてという意味を含んでいるのでしょう。

たしかに、自然界において、犬やオオカミが獲物を捕食するときに、「肉」以外の部位を食べ残すことはなく、すべてを食べつくすという意味では原材料として問題がないのでしょう。

製造販売元が国内大手メーカーという事もあり、原材料の品質においてもさほど劣悪であるとは思えず、安全に配慮した品質の素材を用いていると考えられる製品です。

ですが、原材料に「小麦粉」が含まれているので、場合によってはアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるでしょう。

小麦粉によるアレルギーは、フードへの含有量により反応が出る場合とそうでない場合があるようです。ドッグフードの小麦粉にはアレルギーがでてしまうものの、飼い主の分けあたえるパンには反応をしないという場合もあります。

酸化防止剤入でも安全なドッグフード

原材料の最後の項目に、「酸化防止剤(トコフェロール,クエン酸,ローズマリーエキス)」という表記があります。

一見、このような項目が危険物質(添加物)と捉えられてしまいがちですが、実はドッグフードは開封したのちは、どんどん酸化が進み、品質が劣化していってしまうのです。ですから、品質の劣化を防ぐためにも酸化防止剤は入れざるをえないのです。

そこで、高価でも安全な製品を使用するのか、安価な化学化合物を使用するかでメーカーの姿勢が分かれるのです。

スーパーゴールドチキンプラスの場合は酸化防止剤も、クエン酸やローズマリーエキスなど、自然由来のものを使用しているので安心です。

酸化防止剤を使用しているからといって、必ずしも危険な成分という意味ではありませんのでご心配なく。

ジッパー付きで酸化や劣化も抑えられる

スーパーゴールドチキンプラス
フードは酸化や劣化を抑えるために、袋の中の余分な空気が抜かれています。その分、劣化防止成分の量が最低限に押さえられている可能性もあるので、開封後はすみやかに密閉容器に移しかえて保存してください。

スーパーゴールドチキンプラスの口コミ

粒が大き目なので与えています

最近は、小粒のドッグフードばかりになっていますが、このドッグフードは粒が1cm四方とやや大き目なので、フレンチブルの我が家では重宝しています。

トリマーさんおすすめなので与えています

日ごろ、ペットショップであまり見かけない製品ですが、いきつけのトリマーさんに勧められ、通販で購入し与えています。

スーパーゴールドチキンプラスの評価

スーパーゴールドチキンプラスは、プレミアムドッグフードの中でも、比較的歴史も長く、ペット業界関係者にも広く愛用されている製品です。パッケージの派手さなないものの、製品に関する信頼度は高く、安心して与える事の出来るドッグフードです。

穀物の配合はあるものの、タンパク質が25%も含まれていることを考えると、さほど含有量も多くないと思われます。穀物の使用に関して過敏な体質でなければ問題なく与えることができます。総合栄養食ですので、栄養バランスももちろん問題ありません。

価格も成犬用800gで1,400円、2.4kgで3,200円と、プレミアムドッグフードの中ではリーズナブルで手に取りやすい価格というのも高い評価に繋がっています。これまで与えてきたドッグフードの安全性に疑問を感じている人が手軽に試すことができるのが嬉しいところです。

また、スーパーゴールドチキンプラスは、同メーカーの発売する犬用ミルクと併用することで、より栄養価が高くなる製品です。ミルクを与えるのは子犬のときだけだと考えている飼い主さんもいるかもしれませんが、森乳サンワールドは「生涯ミルク」という考え方を提唱しています。

成犬期もシニア期もそれぞれの体にあったミルクを与えることで、より健康なからだを維持できると考えて、ワンちゃんの状態に合わせた様々なミルクを製造しています。妊娠、授乳中、病中、病後、シニアなどはミルクとの併用も検討してみましょう。

以上が、森永乳業株式会社のペットフード部門がつくるドッグフード「スーパーゴールドチキンプラス」に関する評価です。