ほとんどの犬は手作りごはんに急に変えても大丈夫。
むしろ、目新しい食事に喜んで食べてくれるかもしれません。腸内細菌の種類が変わるとリセットしようとする働きで下痢をする可能性もありますが、たいていはすぐに落ち着くはずです。
それでも、心配という方は下記の移行プログラムを利用してください。ドッグフードに混ぜる手作り食の割合を徐々に増やしていけばいいでしょう。

移行プログラム

日数 今までの食事量 手作り食の量
1日〜2日 9対1
3日〜4日 8対2
5日〜6日 7対3
7日〜8日 6対4
9日〜10日 5対5
11日〜12日 4対6
13日〜14日 3対7
15日〜16日 2対8
17日〜18日 1対9
19日〜20日 0対10

切り替えの時に出てくる可能性のある症状

手作り食の切り替え時には、まれに次のような症状が出てくる場合があります。体臭や口臭が強くなったり、目ヤニや雲水などが出ます。また、オシッコの色が濃くなることもあります。

これらの症状は水分摂取舅が増えて、代謝がよくなったことから起こります。体が本来のバランスを取り戻そうと、一時的に不快な形で表れているのです。必ず落ちついてくるので、あきらめて中断しないでください。

くず湯やくず練りから始めてみましょう

手作り食のスタートには、くず湯とくず練りがおすすめ。くずは腸の粘膜を保護する作用があり、消化器が弱っているときにも効果的です。

ノリ状のものでそれほどたくさんは食べられませんから、どちらも欲しがるだけ食べさせていいでしょう。愛犬が口をつけないなら、風味が弱いせいかもしれません。

肉や魚などその子の好きな香りのだしをたっぷりと使えば、進んで食べようとするはずです。

栄養スープも手作りごはんには欠かせません。フードにかけるなど、いろいろな使い方ができます。作り置きはきかないので、そのつど作ってください。

チェックポイント

「うちの子は年寄りなので、ごはんが急に変わるとびっくりしないでしょうか?」というのも、多い質問です。
基本的におなかにやさしい手作りごはんには、年齢制限はありません。それでも、ドライフードしか受け付けないという場合には、ふだんの食事にくず湯や栄養スープをかけるなどして、十分な水分補給を心がけてあげましょう。