無添加ドッグフードと手作りご飯はどちらが良い?双方のメリットデメリット

愛犬の健康のために、出来るだけ安全で安心なものを食べさせてあげたい。そう考える飼い主さんの多くが抱く疑問があります。

無添加ドッグフードと手作り食とでは、どちらがいいのだろう――?

確かにこれは悩ましい問題ですよね。調べれば調べるほど、かえってわからなくなるのかもしれません。そこで、まずは双方のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

無添加ドッグフードのメリット

手作り食にするか悩んでいるということは、ドッグフードの安全性に対して敏感になっていることは間違いありません。そこで、人工添加物の使われているドッグフードは最初から度外視し、ここでは人工添加物の使われていない、無添加のドライフードを基本として考えてみたいと思います。

  • なんといっても、給餌が手軽である。
  • 新鮮な素材が使われていて、総合的な栄養のバランスが整った食事をデイリーに食べさせることができる。
  • 人工添加物が使われていなくても、ある程度は日持ちがする。

まずは上記の3点があげられるのではないでしょうか。

食事というのは毎日続いていくことですから、手軽に栄養バランスの整った食事が用意できることは、当たり前のようでいて、実はとてもありがたいことなのです。

飼い主の生活スタイルは千差万別であり、必ずしも毎日犬のためにたっぷりと時間をかけてあげられるわけではありません。

朝食は仕事に行く前のあわただしいひと時の中で時間をぬうように用意し、夕食は残業が終わって帰ってからヘトヘトに疲れている体で準備しなければいけないこともあるでしょう。

そんなとき、ドッグフードは非常に便利なものですし、手軽さのおかげで余計なストレスを感じることもありません。

飼い主の精神状態は、驚くほど犬に反映します。

もしも飼い主がイライラしながら犬の食事を用意したら、間違いなくそれは犬に察知されてしまうでしょう。思っている以上に犬の精神状態は、飼い主に影響を受けているのです。

無添加ドッグフードのデメリット

無添加ドッグフードは手軽で便利なものですが、市販品ゆえのデメリットもあります。

  • 原材料そのものを自分の目で確認することができない。
  • 製造工程がどのようになっているのかを完全に把握することができない。
  • 酸化やカビ、ダニなどが原因で品質劣化が始まっていても、目で見て判断するのは困難であり、どの時点で廃棄するべきかを判断することが難しい。

原材料として使われているものの品質や、製造工程はメーカーの説明を信用するしかありません。

また、ドライフードはパッケージを開封した瞬間から酸化のスピードが速くなりますので、いくら保存がきくといっても、保管方法には注意する必要があります。

ドッグフードの保管方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

ドッグフードの保管・保存方法とおすすめの真空・陰圧容器

手作りごはんのメリット

手作りフードにトッピングする簡単なお惣菜なども販売されていますが、ここでは飼い主が原材料をすべて調達してから調理する、完全な手作り食を基本として考えてみたいと思います。

  • 原材料の品質や新鮮さなど、すべてを自分の目で確認することができる。
  • 調理方法から最終的に混ぜ合わせるところまで、調理工程のすべてを把握することができる。
  • 犬の体質や体調、食の好みにあわせていかようにも調整することができる。

原材料に使う素材は産地や新鮮さの度合いなど、そのすべてを自分の目で確認してから選ぶことができます。このことがなんといっても手作り食最大のメリットではないでしょうか。

また、多くの場合、犬は手作り食を非常に好みますので、愛犬がおいしそうに食べる姿が見られるのも、手作り食のメリットと言えるのかもしれません。

手作りごはんのデメリット

メリットだけを考えた場合、手作りフードが最上のように思えるかもしれません。しかし、手作りには手作りなりのデメリットがあるのです。

  • すべての食材を調達し、調理して食べさせるまでに、かなりの時間を必要とする。
  • 食材の安全性、栄養のバランス、犬が消化吸収できる形状や調理方法など、それなりに知識が必要である。
  • 食材の安全性を追求すればするほど、コストが割高になることが多い。

食材の安全性や愛犬の体質を考慮して作ろうとすればするほど、食材選びや組み合わせに頭を悩ませることは珍しくありません。

また、手作り食で愛犬の食事を用意することに慣れるまでは、誰しもが試行錯誤の連続となるでしょう。そのため、根気のない人が続けることは難しく、手作り食を作ることが飼い主のストレスとなってしまうケースもあるのです。

解決策は両方の「いいとこどり」

無添加のドッグフードと、手作り食とではどちらがいいのか?その答えは一つではありません。時間のない中で、それでも愛犬に少しでも良いものを食べさせてあげたいと思う飼い主さんは無添加ドッグフードを。

時間に余裕があり、食材選びから栄養バランスを考えた組み合わせ、調理法に至るまでのすべてに取り組むことを楽しめる飼い主さんは手作り食がいいのではないでしょうか。

しかし、もう一つの解決法として、無添加ドッグフードと手作り食の両方を取り入れる、という方法もあります。毎日忙しい飼い主さんは無添加ドッグフードをベースにして、休日には手作り食にチャレンジする、という取り入れ方なら負担にはなりにくいですよね。

また、手作り食をベースにしたい飼い主さんも、週に1~2日だとか、用事で忙しい日に限っては無添加ドッグフードを取り入れるようにすれば、とても便利なのではないでしょうか。

必要なのは飼い主さんの柔軟な発想

無添加ドッグフードと手作り食を併用していると、いざというときにどちらの形状でも食べてくれる、というメリットがあります。どちらか一方しか食べなくなっていると、予期せぬ急場に対応できないかもしれません。

「こうでなければダメ!」という融通の利かない考え方をするより、「両方のいいところをいただいてしまおう」という柔軟な発想が、ドッグライフをより楽しいものにしてくれのではないでしょうか。

飼い主さんにストレスが少ない=犬にとってもストレスが少ない。これはドッグフード問題に限らず、すべてにおいて言えることなのかもしれません。