健康面や栄養面を考えるなら手作りご飯と市販のドッグフードはどっちがいい?

愛犬の健康のために、出来るだけ安全で安心なものを食べさせてあげたい。ほとんどの飼い主さんがそう考えているかと思います。ただ、安全なフードとはどういうものだろうと考えたときに、必ずと言っていいほど疑問に感じることがありますよね。

無添加ドッグフードと手作り食とでは、どちらがいいのだろう――?

確かにこれは悩ましい問題です。調べれば調べるほど、どちらがいいのかわからなくなるのかもしれません。そこで、ここでは双方のメリット・デメリットについて考え、どのようなフードを与えればいいのかについて説明します。

無添加ドッグフードのメリット

手作り食にするか悩んでいるということは、おそらくドッグフードの安全性には気を使っていますよね。そこで、人工添加物の使われているドッグフードを選ぶことはないとして、無添加のドライフードを基本に、そのメリットを見ていくことにしましょう。

  • なんといっても、給餌が手軽である。
  • 新鮮な素材が使われていて、総合的な栄養のバランスが整った食事をデイリーに食べさせることができる。
  • 人工添加物が使われていなくても、ある程度は日持ちがする。

メリットとして、まずは上記の3点があげられます。

手軽に栄養バランスの整った食事を用意できることは、当たり前のようでいて、実はとてもありがたいことです。飼い主さんの生活スタイルは千差万別であり、必ずしも毎日犬のためにたっぷりと時間をかけてあげられるわけではありませんよね。

朝食は仕事に行く前のあわただしい時間に用意し、夕食は残業が終わって帰ってからヘトヘトに疲れている体で準備しなければいけないこともあるでしょう。そんなとき、ドッグフードは非常に便利ですし、手軽さのおかげで余計なストレスを感じることもありません。

飼い主の精神状態は、驚くほど犬に反映します。もしも飼い主がイライラしながら犬の食事を用意したら、間違いなくそれは犬に察知されてしまうでしょう。思っている以上に犬の精神状態は、飼い主に影響を受けているのです。

飼い主さんと愛犬のいい関係を継続していくためにも、手軽に安全性の高いフードを与えられるというのは、思った以上に大きなメリットになります。

無添加ドッグフードのデメリット

無添加ドッグフードは手軽で便利なものですが、市販品ゆえのデメリットもあります。

  • 原材料そのものを自分の目で確認することができない。
  • 製造工程がどのようになっているのかを完全に把握することができない。
  • 酸化やカビ、ダニなどが原因で品質劣化が始まっていても、目で見て判断するのは困難であり、どの時点で廃棄するべきかを判断することが難しい。

無添加と書かれているドッグフードでも、必ずしも安全性の高いというわけではありません。ただ、自分で原材料を確認できるだけではありませんので、ドッグフードの品質や、製造工程はメーカーの説明を信用するしかありません。

また、ドライフードはパッケージを開封した瞬間から酸化のスピードが速くなりますので、いくら保存がきくといっても、保管方法には注意する必要があります。特に人工保存料を使っていない無添加のドッグフードは、思った以上に早く劣化が進みます。

そのような劣化をしたフードはもちろん体によくありません。でも劣化具合は目で見えませんので、安全だと思い込み与えてしまうリスクが無添加のドッグフードにはあります。

ドッグフードの保管方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

ドッグフードの保存方法と酸化防止のためのおすすめ保存容器

手作りごはんのメリット

手作りごはんと言っても人によってイメージするものが違いますので、ここでは飼い主が原材料をすべて調達してから調理する、完全な手作り食を基本として説明します。

  • 原材料の品質や新鮮さなど、すべてを自分の目で確認することができる。
  • 調理方法から最終的に混ぜ合わせるところまで、調理工程のすべてを把握することができる。
  • 犬の体質や体調、食の好みにあわせていかようにも調整することができる。
手作りですと、原材料に使う素材は産地や新鮮さの度合いなど、そのすべてを自分の目で確認してから選ぶことができます。その結果ほぼ100%安全性を担保できるのが、手作り食最大のメリットです。

また、多くの場合、犬は手作り食を非常に好みますので、愛犬がおいしそうに食べる姿が見られるのも、手作り食のメリットと言えるのかもしれません。

手作りごはんのデメリット

メリットだけを考えた場合、手作りフードが最適のように思えるかもしれません。しかし、手作りには手作りなりのデメリットがあるのです。

  • すべての食材を調達し、調理して食べさせるまでに、かなりの時間を必要とする。
  • 食材の安全性、栄養のバランス、犬が消化吸収できる形状や調理方法など、それなりに知識が必要である。
  • 食材の安全性を追求すればするほど、コストが割高になることが多い。

食材の安全性や愛犬の体質を考慮して作ろうとすればするほど、食材選びや組み合わせに頭を悩ませることになります。特に栄養バランスを考えた手作りごはんをつくるとなると、栄養学の知識も必要になり、とにかく手間と時間がかかってしまいます。

また、手作り食で愛犬の食事を用意することに慣れるまでは、誰しもが試行錯誤の連続となります。そのため、根気のない人が続けることは難しく、手作り食を作ることが飼い主のストレスとなってしまうケースもあります。

解決策は両方の「いいとこどり」

結局のところ、無添加のドッグフードと、手作り食とではどちらがいいのでしょう?実はこれには正解はなく、飼い主さんによってどちらが適しているかは違います。それぞれどのような飼い主さんに向いているのか見ていきましょう。

無添加ドッグフードが向いている
  • 忙しくて時間がない
  • 愛犬に安全なフードを与えたい
  • 栄養バランスの整ったフードを与えたい
手作りごはんが向いている
  • 時間に余裕がある
  • 料理をすることが好き
  • 家族や自分の食事も栄養バランスを考えて作っている

自分がどちらのタイプなのか、客観的に判断して最適なフードを与えるようにしましょう。大事なことは飼い主さんにも愛犬にも負担にならないということです。

それでも決められないという人には、もう一つの解決法として、無添加ドッグフードと手作り食の両方を取り入れるという方法もあります。平日は忙しい飼い主さんは無添加ドッグフードをベースにして、休日には手作り食にチャレンジしてみましょう。

また、手作り食をベースにしたい飼い主さんも、週に1~2日だとか、用事で忙しい日に限っては無添加ドッグフードを取り入れてみましょう。絶対に手作りにしなくてはいけないと思い込むと、それがストレスになってしまいます。

必要なのは飼い主さんの柔軟な発想

無添加ドッグフードと手作り食を併用していると、いざというときにどちらの形状でも食べてくれる、というメリットがあります。どちらか一方しか食べなくなっていると、予期せぬ急場に対応できないかもしれません。

例えば大きな災害があったとき、避難所生活ではこれまでと同じフードを食べられるとは限りません。飼い主さんも追い込まれるような環境ですので、そういうときにフードの選り好みをされると本当に困ってしまいますよね。

また、手作りにこだわっていたら、誰かに愛犬を預けるということも難しくなります。預かってもらうだけでも大変なのに「食事は手作りで」と言ったら、みんな嫌がってしまいます。併用していれば、そういうときは無添加ドッグフードだけで面倒を見てもらうということができます。

「こうでなければダメ!」という融通の利かない考え方をするより、「両方のいいところをいただいてしまおう」という柔軟な発想が、ドッグライフをより楽しいものにしてくれのではないでしょうか。

飼い主さんにストレスが少ない=犬にとってもストレスが少ない。これはドッグフード問題に限らず、愛犬とのいい関係を築いていくための重要なポイントです。ひとつの方法にこだわらず、適しているものを臨機応変に活用して、ストレスの少ないドッグライフを目指しましょう。