日本で最初のドッグフードと言われるビタワン ドライフードのシリーズから発売されたウエットフードシリーズ。

小型犬であれば、一食食べきりのサイズ感です。

ラインナップが豊富で、ビタワングー「極旨」シリーズは、総合栄養食でもあります。

(極旨シリーズ以外は、一般食なので主食となるドッグフードにトッピングし与えましょう。)

アレルギーにも配慮し、鶏、ビーフシリーズの他にも魚ベースの製品や肉類を使用しない野菜ベースの製品もあります。

嗜好性が高く、量販店で取り扱いの多い製品です。

ビタワンのパッケージチェック

市販のドッグフードを選ぶときに欠かせないのがラベルの読み方。
そのパッケージやラベルには、与えるべきペットの種類や目的、使われている原材料、給与方法、原産国、賞味期限などがあります。
安全確保や問題発生時の原因究明のために、「ペットフード安全法」で表示が義務化されているのは次の5項目です。

  • 販売用愛がん動物用飼料の名称
  • 原材料名
  • 賞味期限
  • 原産国
  • 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

さらにペットフード公正競争規約で下記の表示が定められています。

  • ペットフードの目的
  • 内容量
  • 給与方法
  • 成分

ビタワンはどうでしょうか。詳しくみていきましょう。

ビタワンの成分と原材料

ささみに野菜と食物繊維が豊富なキャベツをミックスした「ビタワングー」ドッグフードの原材料は下記の通りです。

名称 ドッグフード(総合栄養食)
原産国 日本
賞味期限
原材料 穀類(トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすま)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー)、豆類(脱脂大豆、おから粉末、大豆粉末)、油脂類(動物性油脂、γ−リノレン酸)、ビール酵母(β−グルカン源)、乾燥キャベツ、オリゴ糖、カゼインホスホペプチド、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、グルコン酸亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B2、B6、B12、D、E、パントテン酸、コリン)、香料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、アミノ酸類(アルギニン、メチオニン)、バチルスサブチルス(活性菌)
成分 たんぱく質:20.0%以上
脂質:8.0%以上
粗繊維:4.0%以下
灰分:9.0%以下
水分:10.0%以下
カルシウム:0.9%以上
リン:0.8%以上
約350kcal/100gあたり
給与方法 パッケージに記載あり
取扱業者 日本ペットフード

「日本初のドッグフード」さとして長く支持されています。しかし使は、脱脂米糠、チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、脱脂大豆など、人間用の食材を加工した後の「残りカス」がメインとなっていて残念。

足りない栄養素は、添加物で補っています。

栄養価は基準をクリアしていますが、大切な愛犬の健康を託すには不安要素が多いといわざるを得ません。

また、本来であれば、「トウモロコシ」などの穀類を、犬が喜んで食べるという事自体、違和感のある事ですから、喜んで食べるには何等かのからくりがあると言わざるを得ません。
人工添加物、人工香料などの添加がある事は明らかでしょう。

具体的には「チキンレバーパウダー」や「ビーフオイル、チキンオイル」が風味づけの役割を担っているのでしょう。

肉そのものを使用するのではなく、粉末や油脂を使用する事で、コストは大幅にダウンし、嗜好性の高い製品に仕上がっているのです。

肉類が少なく穀物が多い

やはり、注目すべき点は、原材料表示の先頭に書かれている「第一主原料」である素材です。もっとも含有量の多い第一主原料には「穀類(トウモロコシ、小麦粉、脱脂米糠、コーングルテンフィード)」と記載されています。

犬は、本来穀物の消化吸収が苦手であるという事は今や周知の事実でしょう。

ですが、第一主原料を安価な素材にするからこそ、ビタワンの低価格路線は維持できているのです。

ビタワンの製品は販売価格の設定がない

ビタワンは主に小型犬用製品を中心に豊富なラインナップがあります。一昔前の白い犬のイラストは今や見かける事はないでしょう。お洒落でカラフルなパッケージが今のビタワンなのです。

実は「ビタワン」は一製品の名前であり、発売元は「日本ペットフード」です。
代表的な製品は

  1. ビタワンミックス ビーフ味・野菜入り
  2. コンボ ドッグ 超小型犬用 角切りささみ・野菜ブレンド
  3. ラシーネ ラボ トイ・プードル
  4. ビタワン君のWソフト 成犬用 お肉を味わうビーフ味粒・やわらかささみ入り
  5. ビューティープロ ドッグ

ビタワンの製品は、販売価格の設定がないので、ホームセンターや小売店の自由に価格設定ができる製品です。時には広告の目玉商品として、大変安価になる事もあるでしょう。

製品名、ブランド名は多岐にわたりますが、基本となるコンセプトは同一であることは、成分表示を確認すると一目瞭然です。

ビタワンの口コミ

  • 安価なので与えています

    安価なドライフードには、肉が入っていない、おいしくないと聞き、一日一少量のペースでおかずとして与えています。とてもよく食べるので、特に問題は無いように思っています

  • 消化していない?

    いので、初めて購入してみたのですが、すごい下痢をしてしまい、使用をやめるべきか考えています。ドッグフードの切り替えは、数日をかけてゆっくりと進めるという事をせずにいきなり切り替えてしまったので、体に合わなかったようです。

  • 色々なショップで扱っています

    最近では、色々なネットショップで扱っているので、その都度送料を考え、他の消耗品などと一緒に注文しています。お店は変えてもこのフードは変えずに使い続けたいと思っています。

ビタワン ドッグフードの評価

評価 2.0

ビタワンのドライフード同様に、缶詰製品についても、愛犬にあたえるには、ためらってしまうレベルの品質と言えるでしょう。

販売価格から想像するに、さほど良質な原材料を使用してはいませんが、嗜好性がとても高いので、かえって不安が募ります。

原材料そのものは鶏ささみや野菜の名前が列記されているので、一見安心かと思えますが、大切な事はその品質です。

ペットフードにおいてよく用いられる表現である「4D」に該当する可能性もあるでしょう。

ちなみに4Dとは、死んだ動物、病気の動物などの頭文字をとった表現で、劣悪な素材を意味する言葉です。

販売価格も100円前後、量販店では70円前後にまで価格が下がる場合もありますが、一月あたりの食費として計算した場合、さほど安価とは言えないレベルです。

小型犬であれば、この製品を購入する事よりも、手作り食にする、良質なドライフードを購入する方がより安価に済む事でしょう。

また、数十円の価格さであれば、より安全な他社の製品の購入を考えるべきです。

粗悪な食事を続ける事で、将来病気の発症をしてしまうのであれば、かえって経済的な負担が大きくなるのですから。

以上が、ドッグフード「ビタワングー」に関する評価です。