犬にミネラルウォーターは尿結石や下痢の元?水道水は?ペット専用水は?

ペットの食べ物はいろいろなものが販売されていますが、「飲み物」についても色々と販売されています。

ペットショップでは、犬用としてペットボトルに詰められた水が売られており、なるほど、みなさんは「こういうものに興味を引かれるのか」と思いました。

ペットボトルに詰められた水の説明書きを読むと、それらしい効能がうたわれていますが、現代の科学では説明できないような怪しい内容であることも多いようです。

世の中で売られているものすべてにいえますが、エセ科学によって素人をだまそうとしている商品は、とても多いのです。

犬にミネラルウォーターを飲ませる必要はなく水道水で十分


ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムやカルシウムは大量に摂取すると結石等の病気を引き起こす場合があるので避けたほうがベターです。

なので、犬に飲ませる水は常温の水道水で全く問題ありません。

塩素がきになるのであれば一度沸騰させたり浄化機を使うなどしてカルキ抜きをしておくと良いでしょう。

ここで注意してほしいのは水の鮮度は大事だということ。

水は1日に数回取り替えて、新鮮な状態をキープするようにしましょう。

ペットショップで買ったペット専用水を飲ませても大丈夫?


「愛するペットのためによりよいものを」と思うのは立派ですが、ペット専用水をあげることで肝臓を壊した犬を見たことがあります。

最初は買い主も原因がわからず困っていたようです。

フードも特におかしなものを与えているわけではなさそうでしたが、くわしく話を聞いているうちに、ペットショップで買ったという水を飲ませていることがわかりました。

そしてその水を飲ませるのをやめてから、なかなか下がらなかった肝臓の値が下がっていったのです。

すべての犬で問題を起こすなら、さすがに発売しないと思うのですが、たまたま相性が悪いと、ときにこのような事例も発生するのです。

ふつうの水道水で問題ないのに、わざわざペット用として高価なうえリスクまである水を買う必要はありません。

それでも気になるなら、近所のディスカウントストアで人用の国産天然水(軟水)を買って与えれば十分です。

水を飲ませなければいけないときや水を飲まない犬には煮汁やだし汁を飲ませると良い


性格的に水をあまり飲まない犬もいますが、尿結石をわずらった犬などは、多めの水分摂取が必要です。

下痢で脱水気味の場合も水分補給が大事なのですが、犬はそういう事情を理解してくれません。

このようなときにおすすめしているのは、肉をゆでたあとの「煮汁」や、かつおぶしで取った「だし汁」です。

余分な栄養素の摂取は、その犬の治療方針とかち合う可能性がありますが、煮たときにでてくるわずかなうまみ成分は、栄養量としては誤差の範囲といってよいでしょう。

これをペットボトルに一杯つくって、冷蔵庫にしまっておくのです。

使うときは電子レンジで人肌程度に温めると、おいしそうな香りがでて、犬の興味を引けます。なかには全然反応のない犬もいますが、思うように水分を取ってくれなくて困っている場合は試してみるといいでしょう。

牛乳が合わない犬には牛乳は与えないこと


「牛乳」をふだんからあげているご家庭も、よく見かけます。犬は、牛乳の成分を分解できずに下痢をすることがあるため、一般には避けたほうがいいとされています。

しかし、個体差も大きいので、特に問題になっていない場合は与えてもかまいません。とはいえ、牛乳を大量に飲む犬は肥満になりやすいので、与える量はそこそこにしたほうがいいでしょう。水で薄めて与えるのも有効です。

また、ペットショップに売っているやぎのミルクを与えてもかまいませんが、基本的にこれらのものは「本来生きていくうえでは必須のものではない」という点を認識しておいてください。

なお下痢をしたときは、牛乳が原因かもしれないので、いったん与えるのをやめてもらいます。

胃腸が頑丈で、特に皮層アレルギーもわずらっていない犬であれば、獣医はあまり細かく注文はつけません。

しかしわざわざトラブルの可能性を自分から取り入れる理由はないのですから、いちばんの安全を考えるなら水道水だと思います。それ以外の飲み物を与えようと思っている場合は、その前にかかりつけの獣医にひと言相談しておいたほうがいいでしょう。

犬にミネラルウォーターを与えると結石になる?

ミネラル分が多い水を飲んでも結石症とは無関係

近頃、水にこだわりを持つ人が増えてきています。

愛犬にも自分と同じように特別な機能のある高価な水をわざわざお取り寄せして飲ませているとか、いろいろな話を耳にします。

その一方、多くの飼い主さんの間で「ミネラルウォーターを飲ませると結石症になる」というウワサが流布しています。

しかし、もしもそれが事実とするなら中国やフランスなど、もともと硬水エリアに住んでいる人や動物はみんな結石を患っているはずです。根本的に、ありえない話といっていいでしょう。

ただし、結石症にかかっている犬の場合は病気の悪化要因となる可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、結石症の根本原因は感染症の場合がほとんど。膀胱や腎臓に感染症による炎症が起こり、石ができてしまうのです。

日頃からきちんとした感染症対策を行なえば、まず結石症にならないはずです。

また、「湯冷ましにすると水の有効な成分が失われる」ともよくいわれていますが、これも単に沸騰させれば塩素が抜けるというだけ。水の基本的な成分は変わりません。

要は、人間が飲んでおいしいと感じる状態の水なら犬に飲ませて大丈夫。

浄水器やミネラルウォーターなども、利用したい方はしてくださいということで、それほど深刻に考える必要はないでしょう。