究極のドッグフードを作りあげるために、原材料を作る土壌からこだわったドッグフードです。

オーガニックの認定を受けるという事は並大抵の努力では報われません。ましてやオーガニック認定を受けた素材であれば、人間用の食材としも高値で取引がされます。そこをあえて、ドッグフードに加工する、世界に流通させるという姿勢がヤラーそのものなのです。

原材料に使用している鶏は、狭い鶏舎に入れ飼育するのではなく、広い敷地に放し飼いにする事で、ストレスのない、適度に発達した上質な鶏に育っています。その上、鶏に関しても飼料にこだわり、オーガニック認定を受けた最高級品です。

ヤラーのドッグフードのコンセプトは「病気に対処するための食事」ではなく、良質で安全な食生活をする事で「病気を未然に防ぐ」事です。

添加物や化学肥料は犬の体内に長年にわたり蓄積される事で、高齢になってから病気という形でその姿を現します。ですから、それらを最初から接取しない事が大切なのです。

スペシフィックドックフード(高消化性)の成分と原材料

原材料を作る土壌にまでこだわった最高級の「ヤラー」ドッグフードの原材料は下記の通りです。

名称 ドッグフード(総合栄養食)
原産国 オランダ
賞味期限 製造日から2年間(開封後は別容器に移し冷蔵保存、2・3日以内に使用)
原材料 鶏肉/鶏内臓肉/牛肉/牛内臓肉/小麦/トウモロコシ/海藻/スピルリナ/ビタミン類(VD3、VB1、VB2、VB6、ビオチン)/銅/酸化防止剤(ビタミンE)
成分 粗蛋白質:10.0%
カルシウム:0.30%
リン:0.25%
粗脂肪:4.5%
ナトリウム:0.20%
炭水化物:3.1%
マグネシウム:0.02%
粗灰分:2.0%
ビタミンD:11.0IU
粗繊維:0.4%
ビタミンE:1.0mg
水分:80.0%
92.9kcal/100gあたり
給与方法 パッケージに記載あり
取扱業者 ルシアンアンドパートナーズ

原材料に特に珍しいものもありませんが、全ての材料がオーガニック認定されたものばかりという、「最高級」な製品です。

原材料の栽培や飼育の時点からオーガニックにこだわり、放し飼いの鶏肉、オーガニック穀物を使用しています。化学製品を排除し、オランダとスウェーデンにある2つの関から安全食品の認証を受けています。

酸化防止剤には、天然のビタミンEとローズマリーエキスを使っているようなので問題はないでしょう。

ただ原材料のオーガニックがどれほど健康を左右するか実はよくわかりません。一般的なフードで改善が見られない場合は与えてみて合わないなって思ったら辞めてもよいでしょう。

口コミも様々な意見があります。

うーん、ウチの子はこれを食べると吐きます。良い商品でしょうが合わないのでしょうね。

の子は涙やけがひどかったのですが、オーガニックフードに変えたら、綺麗に治りました。オーガニックはいろいろ試しましたが、この製品は価格も妥当ですし、良く食べてくれます。

<

ビューがよかったので購入しました。
まずオーガニックでこんなに臭いが臭いのははじめてで
4匹中2匹は残します。
排便の状態も悪く、いつものフードにもどしました。

ドライフードのパッケージに注目

ここで紹介しているのはウェットフードですが、実はドライフードにはヤラーならではのこだわりがあります。

ヤラーの製品を手に取った事がある方は、あまりに厳重なパッケージ包装に疑問を抱く方もいるでしょう。

一般的な加工紙のパッケージのうえから、更に透明のビニール袋で包んであるのですから。

実は、このビニール袋には、「酸化防止」の効果があるのです。ヤラーの製品は当然の事ながら酸化防止剤を不使用で製造されています。

ですから、フード自体に使用しないだけでなく、酸化防止効果のある薬剤をパッケージ内に同梱する事も禁止されているのです。そこで、より密閉度を高めるために、パッケージを2重包装にしているのです。

ヤラ ドックフードの評価

ヤラ ドックフード評価 について、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価は

価格 4.0

世界レベルでオーガニック認定されている高級ドッグフード。日本のペットショップの店頭に並ぶようになったのはここ20年ほどです。

当時は、人間用の食材でさえ、オーガニックという言葉が定着していませんでしたから、あまりに高級なドッグフードとして話題になったほどです。

たしかに素材の信頼性、安全性という観点からみると、ヤラーの製品は満点ではあるのですが、原材料に穀類の使用がある事から、アレルギー体質の愛犬が使用を控えた方がよいでしょう。

ヤラー (YARRAH)ドッグディナーチキンパテ400gで713円です。

オーガニックという付加価値のついた価格設定とはいえ、あえて購入を続ける程には品質と価格のバランスがいいとはいえないでしょう。

犬の健康にとって大切な事はオーガニックである事なのか、良質なタンパク質の含有量が多い事なのかを考えると、その答えはでるのでしょう。

以上が、世界初のオーガニックドッグフード「ヤラー」に関する評価です。